ニュース

テクノロジーの市場破壊

【コラム】

テクノロジーの市場破壊

一般社団法人について

【コラム】

一般社団法人について

「シンギュラリティ」時代の弁護士

【コラム】

「シンギュラリティ」時代の弁護士

2016年腐敗認識指数の発表

【コラム】

1月25日,2016年の腐敗防止認識指数(Corruption Perception Index)が,トランスペアレンシー・インターナショナルから発表されました。

アジアを中心とする海外主要国の,2013年からの過去4年の推移を見ると,以下のとおりです。

◆シンガポール 5位 → 7位 → 8位 → 7位

◆日本 18位 → 15位 → 18位 → 20位

◆マレーシア 53位 → 50位 → 54位 → 55位

◆ブラジル 69位 → 69位 → 76位 → 79位

◆インド 94位 → 85位 → 76位 → 79位

◆中国 80位 → 100位 → 83位 → 79位

◆インドネシア 114位 → 107位 → 88位 → 90位

◆スリランカ 91位 → 85位 → 83位 → 95位

◆タイ 102位 → 85位 → 76位 → 101位

◆フィリピン 94位 → 85位 → 95位 → 101位

◆ベトナム 116位 → 119位 → 112位 → 113位

◆ミャンマー 157位 → 156位 → 147位 → 136位

前年と大差ない国が多い中で,目立つのは,タイの凋落とミャンマーの躍進です。

タイは,軍事政権下の独立した監視体制不備,新憲法に関する不十分さとオープンな議論がないことが特にランクを下げた理由とされています。

ミャンマーは,他国に比べればまだまだですが,数年前の開国直後に比べれば,透明性のあるガバナンスをするようになってきているということでしょう。

このように,海外法務では,まだまだ汚職の危険は高いといえます。取り返しの付かない損害を被らないように,日本本社において,しっかりとしたグローバル・コンプライアンス体制を整えるように務めてください。

年別アーカイブ

ここに記載した情報は、法律的またはその他のアドバイスを目的としたものではありませんので、あらかじめご了承ください。

Language

BLOG 代表弁護士中山達樹

お問い合わせ

Human Rights Now

港区赤坂2-2-21 永田町法曹ビル803
TEL 03-5797-7723 FAX 03-5797-7724

top