NPについて

当事務所(Nakayama & Partnersを略して「NP」といいます)の特徴、業務内容、報酬体系をご案内いたします。

特徴

グローバル・ワンストップサービス

環太平洋法曹協会(IPBA)や若手国際法曹協会(AIJA)などの活動を通じて、世界中の弁護士とネットワークを築いています。アジアのみならず、海外の法的問題について、当事務所が「ハブ」「海外法務のどこでもドア」となって、受任することが可能です。

また、国内外の公認会計士、税理士、司法書士、社会保険労務士、行政書士などの関連士業とも積極的に連携しています。法律問題のみならず、税務・経営の観点からも、一歩先を読んだ、痒いところに手が届く良質のサービスを提供します。

付加価値を追求する

以下の3つを指標として,貪欲に付加価値を追求します。

(1)

Proactiveに

先手を打ちます。
後手後手に回るのではなく。

(2)

Strategicに

戦略(Strategy)と戦術(Tactics)は,異なります。
大局的な戦略は,瑣末な戦術よりも,はるかに重要です。
戦略不足は,決して,戦術では補えません。
クライアント様の現況,業態,関連市場の景気動向,社内人事情報,相手方との力関係,ビジネスの将来性等を総合した,高度なビジネス判断も踏まえ,戦略的な解決策を提示します。

(3)

Inspireする

悲観主義は気分ですが,楽観主義は意志です。
いかなる状況においても,少しでも有利な状況になるように全力を尽くし,クライアント様の「ベスト・インタレスト」を究極まで徹底的に模索し,元気の源となるように努めます。

「元気が出る法律事務所」「楽しい法律事務所」が理想です。

年中無休24時間対応

世界のビジネスは、加速度的に発展しています。ビジネスチャンスを失わないため、携帯端末により、体力の続く限り、年中無休、24時間対応で応対します。頂いたメールには24時間以内にご回答差し上げます。

豊富な講演・セミナー実績

特に海外法務について、他を圧倒する豊富な講演実績があります。最近は、グローバルコンプライアンス、海外腐敗防止対策及び海外の独占禁止法(競争法)に関するセミナーを多く実施しております。

セミナー情報はこちらです。

合理的な費用

「海外法務を国際弁護士に依頼すると莫大な費用がかかる」と懸念されている方も多いかも知れません。当事務所では、合理的な報酬システム(多くは時間制報酬)を採用しています。

例えば、英文契約書の作成・修正であっても、日本語の契約書と同程度の時間で作成できれば、弁護士費用が加算されることはありません。例えば、30分で確認できる事項であれば、英文契約であっても、1万5000円程度で対応可能です。

費用のご説明はこちらです。

港区赤坂2-2-21 永田町法曹ビル803
TEL 03-5797-7723 FAX 03-5797-7724

top