NPについて

当事務所(Nakayama & Partnersを略して「NP」といいます)の特徴、業務内容、報酬体系をご案内いたします。

報酬

初回相談料

30分あたり5,000円(税抜き)
・同一の内容について2回目以降の相談は原則として時間制報酬になります。

時間制報酬

案件に応じて、1時間あたり2万円~3.5万円(税抜き)
時間制報酬に基づく計算をするか、着手金・成功報酬に基づく計算をするかは、案件に応じて協議させていただきます。

民事事件

訴訟事件、非訟事件、家事審判事件、行政審判事件、仲裁事件の着手金及び成功報酬は、経済的利益の額を基準として、それぞれ次表のとおり算定します。

経済的利益の額 着手金 成功報酬
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の場合 5% + 9万円 10% + 18万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 3% + 69万円 6% + 138万円
3億円を超える場合 2% + 369万円 4% + 738万円
  • ・事件の内容により30%の範囲内で増減することがあります。
  • ・着手金の最低額は20万円とさせて頂きます。
  • ・事件の内容によっては、着手金を減額して、その分成功報酬を増額することも可能です。
  • ・経済的利益が算定できない場合は、経済的利益を800万円として計算します。
  • ・顧問契約を頂いた方には、上記より割引した金額をご提案させて頂きます。

刑事事件

種類 着手金 成功報酬
起訴前弁護 30万円~50万円 略式命令の場合
着手金の半額
不起訴処分の場合
着手金と同額
起訴後弁護 30万~100万円
ただし、起訴前弁護から引き続き受任した場合は相応の減額。
求刑より軽減された場合
10万円〜30万円
執行猶予された場合
30万円〜100万円
無罪判決の場合
100万円以上

日当

遠隔地(概ね往復2時間以上)への出張を要する場合にお支払頂きます。
半日(4時間まで):4万円
1日(8時間まで):8万円

実費

事件処理のために支出する費用です。事前に一定額をお預かりさせて頂き、事件終了時に精算します。
裁判所に申立てを行う場合は、印紙代、切手代のほか、事件によっては予納金、記録謄写 (コピー)費用、保証金、鑑定費用、執行費用などが発生します。
出張を要する場合には交通費、宿泊費をお支払いいただきます。

港区赤坂2-2-21 永田町法曹ビル803
TEL 03-5797-7723 FAX 03-5797-7724

top